就活上の注意点

就活を進めるうえで、留意しなければならないことがたくさんあります。その中でも比較的多くの人に当てはまりそうな項目をランダムにご紹介します。

 

<希望する仕事については職種だけでなく仕事内容を具体的に理解しておく必要がある>

一般事務という職種に応募しようとしている人の中で、一般事務がどんな仕事か理解している人がどれだけいるでしょうか。一般事務には、総務、人事、経理といった管理部門の事務もあれば、営業所における事務、倉庫における出入庫作業の事務などどこの職場においても必ず一般事務の仕事はあります。しかし、具体的にどこの部署でどんな仕事をするかまで分かって応募している人はあまりおりません。同じように営業という職種も、営業の仕事はノルマがあるから絶対に嫌だという人がおりますが、実際の営業を経験したことがなく、人から聞いた話で悪いイメージを持っている人が多いようです。営業にも種類があって、直販かルートか、物品販売か企画提案型か、生産財を扱うのか消費財を扱うのかなど、それぞれやり方も目標の立て方も異なります。ノルマのきつい飛び込み営業のようなものだけが営業だと思っている人がたくさんいます。規模の大きい会社とそうでない会社では、同じ職種であっても仕事の範囲もレベルも全く異なります。要するに、求人に応募する際は、職種を正しく理解し、具体的な仕事内容までよく調べたうえで応募する必要があります。もしわからなければ専門家にご相談ください。

 

<応募先は身の丈に合った企業を選ぶ>

求人への応募は、学校の受験と違って企業に偏差値はありませんので、自分にとって分不相応な求人に応募することも可能です。また、それに対してアドバイスや注意してくれる人もいませんし、分不相応な求人に応募したからといって誰からも咎められることもありません。すべて応募者個人の自由です。そのために、自分の市場価値を自分で判断し、身の丈に合った応募先を探さなければならないのが中途採用です。しかし自分の市場価値を分かっている人は少なく、特に一つの会社で長く働いてきた人や、アルバイトやフリーターを繰り返してきた人は自分の市場価値を知る機会がないため、応募企業、応募職種とのアンマッチを繰り返している人がたくさんいます。CI、VPI、GATBなどのアセスメントツールを使った検査や、専門家の指導を受けながらの自己分析などを一度は体験し、自分の能力、適性のレベルを把握しておくことが大切です。

 

<就活上の課題、その内容やレベルは相対的なもの>

就活中の人は複数の課題を抱えています。しかしその課題は人によってレベルも内容もマチマチです。ある人にとっては課題であっても、ほかの人にとっては課題でないことがあります。例えば、求人票に「パソコン(Word、Excel)ができる人」と書いてあったとします。パソコンスキルについてほかの人と比べたことがないため、自分はできるほうなのかどうか分かりません。そのため求人の条件を満たしているかどうか判断がつきません。自分ではパソコンに自信があっても、ほかの人と比べたとき、自分が劣っているようであれば課題になりますし、勝っているようであればパソコンスキルに関しては課題ではありません。専門家と相談してみることをお勧めします。自分にとって課題と思っていたことが課題ではなかったり、自分では課題ではないと思っていたことが大きな課題であることに気づかされる場合があります。

 

<応募書類は応募先を探す前に7割~8割作っておく>

応募企業が決まってから応募書類を作成すると、焦りもあってなかなか思うように書けません。じっくりと余裕をもって自己分析を行い、自分の長所、セールスポイント、自己PRなどをあらかじめ分析して書き出しておくことをお勧めします。7割か8割書けるところは前もって書いておき、そのあとで求人企業をさがし、その企業を志望した動機や、その企業が求める人材像に合わせたセールスポイントなどを書き加える方法で書類づくりをすると非常に楽に作成することができます。また誰かに事前にチェックしてもらう余裕ができます。その結果、応募する企業にマッチした書類をつくることができます。

 

<仕事探しは自分からアクティブに

就職活動は、結婚相手を探すことと似ています。何人かの相手からアプローチがあればその中から選べばよいのですが、相手からアプローチがなければ、あらゆる年代層、地域の中から自分で探し出さなければなりません。すべての範囲から探すことは不可能ですから、現実的には学校時代の友人、勤務先、知人の紹介など限られた範囲の中から探し出すことになります。就職活動も同じで、いくつかの会社から「わが社を受けませんか」と誘われればその会社を調べ、比較検討して絞り込めばよいのですが、既卒者には会社からの誘いは一切ありません。そのため皆さんは自分の希望する条件に合った会社を自分で探さなければなりません。求職者の中に、「私は仕事の種類にはこだわらない」、「任されれば何でもやります」という人が時々います。在職中の社内での転部や配置転換にはこの考えでも通用するでしょうが、会社を離れ、フリーになった人にはこの考えは通用しません。仕事の種類にはこだわらなければなりませんし、何でもやるではなく、これをやりたいという意思をはっきり打ち出さなければ仕事探しはできません。

 

<職務経歴書はフォームも項目も自由、だからこそ他者と差別化できる

就活の際提出が要求される応募書類の一つとして「職務経歴書」というものがあります。職務経歴書は、履歴書と違って決められたフォームがあるわけではなく、記載すべき項目も内容も自由ですから、何を書いてよいかわからないという人が多いようです。いくつかの選択肢の中から選んだり、決められたフォームの中を埋めたりするのが得意な人も、何も書いてない白紙を渡され、自分のことをPRしたカタログを作りなさいと言われて作れる人は少ないと思います。特に職務経歴書は他の人と差別化するための自己PR用の書類で、自分という商品を売り込むためのカタログです。単に職務の経歴を羅列するだけでは何のPRにもなりません。職務を通じて自分が身につけたこと、何をもって相手の会社に貢献できるかといったことをできるだけエピソードを含めて記載しなければ効果がありません。

 

<内的キャリアを全面的にPRする>

中途採用の求人は欠員補充が多いため、即戦力が要求されます。そうなると、経験の少ない若い人は不利ということになってしまいます。能力とか経験、スキル、資格といった要素は外的キャリアと言いますが、それに対して、何のために仕事をするか、仕事への意欲、価値観といった要素を内的キャリアと言います。目に見えない内的キャリアが、場合によっては外的キャリアをしのぐことさえあります。これからの就職活動は内的キャリア中心とさえ言われています。特に若い人の場合は経験や能力などの外的キャリアで競うのではなく、内的キャリアの優れた部分を前面に打ち出していくことのほうが得策です。